千代田区の珍スポット・グルメ

千代田区

しゃぶしゃぶの起源「シュワンヤンロウ」と幻のスイーツ「三不粘」が味わえる『龍水楼』【神田】

都内の人間に50年近く前からうまい羊肉を食べさせてきた老舗が神田の中国料理店『龍水楼』だ。国内の他の店では味わえない料理を提供してくれる。それは「シュワンヤンロウ」「三不粘」「杏仁豆腐」だ。
千代田区

東京駅前でこんなに安くええ焼肉を食べさせてくれて、ほんまにありがとう『炭火職人』【八重洲】

八重洲の焼肉店『炭火職人』はただでさえお得なセットが、火曜〜金曜の12時までと月曜日がランチタイムの間ずっと100円引き。つまりハラミがたくさん乗ったAセット大盛りも1,000円で、通常のAセットなら800円で食べられてしまう。ほんまにありがとう。
千代田区

ほんまにありがとう。平戸バーグ丼は超ワイルドなオンザライス『平戸からありがとう』【有楽町】

自然に囲まれた観光地である平戸市は、美味しいものがたくさん。特に平戸はお魚が美味しく、現地にはお得で盛りの良い魚料理の店がたくさんある。そんな激ウマ地域の平戸から盛りの良さで一線を画すお店が東京にやってきた。
千代田区

都内で感じる香港の味。店名を初見で読める人いるのかな。『香港 贊記茶餐廳』【飯田橋】

贊記茶餐廳では香港の定番食、出前一丁(チンチャイ)が食べられる。香港では国民食といわれるくらいに出前一丁が人気らしい。僕はサテビーフ麺を食べた。サテビーフとは、サテソースというナッツ系の甘辛い調味料で味付けした牛肉炒めのこと。硬めに茹でられたインスタント麺に牛肉タレがめちゃ合う。
千代田区

秋葉原で何食べようか迷っている君、一回だけ俺を信じて『あたりや食堂』でオムらい飯を食べてくれ【秋葉原】

秋葉原って数年前までは自分が好きなご飯を食べられるお店が限られてたから、ついつい新しい店の開拓に尻込みしがちな人もいると思う。そんな人はこの投稿を読んで、一回だけ私を信じて『あたりや食堂』に行ってみてほしい。一回だけでいいから!
千代田区

床屋を抜けてたどり着く、入りにくすぎる定食屋『家庭料理 レスト』【秋葉原】

神田の定食屋『家庭料理レスト』もそんな気持ちを感じさせてくれるお店だ。レストがあるのはJRの電車が走る高架下の建物の二階。そしてお店に入るには、一度、一階の床屋に入店して中を通り抜け、階段を上がる必要がある。