アンキモ、アンキモ、アンキモ!君はこのあん肝の山を体験したか。絶品あんこう鍋『ほていさん』【月島】

ほていさん 中央区

 突然世の中がイヤになってしまったとき、あん肝を食べたくなるよね。そんなときは月島の「ほていさん」へ予約してあんこう鍋を食べに行こう。月島といえばもんじゃ焼きが有名ですけど、ほていさんのあんこう鍋も名物に加えてもいいくらいだと思う。ほていさんの食事メニューは基本的に「あんこう鍋コース(8,000円)」のみだ。

アンコウ鍋
4人前でこれくらいだ。
hoteisan
横から寄って見るとこんな感じ

 見てくれ。鍋の上に盛られたこのあん肝の量。このオレンジ色の部分はすべてあん肝。てんこ盛りだ。その下にアンコウの身などの具材が隠れている。

ほていさん
煮てあん肝を崩すと濃厚スープの完成

 煮え切ったら鍋の完成だ。大量のあん肝が鍋のスープの中に溶け広がって超濃厚。溶けて姿は見せなくなってしまったが、スープを口の中に含むとあん肝の香りが鼻の中に広がり、あん肝の味を強烈に感じる。それと一緒にあんこうの身や野菜を食べられるのだから贅沢だ。この日だけで3年分くらいのあん肝を食べたと思える満足感だった。その場でいたみんなで「汁を飲んでいいですか?」と言い合ってしまう。でも汁は残さなきゃいけない。〆はアンコウのエキスを吸いまくったあん肝を、雑炊にして楽しむ。この雑炊を食べるころには脳から快楽物質が分泌されているのを感じられるよ。鍋の中に一滴も汁は残らなかった。

hoteisan
コースの刺身6点盛り

 ほていさんは刺身も美味しい。あんこう鍋コースについてくる刺身の6点盛り。超濃厚なあん肝鍋を食べ続けて少し疲れてしまった舌をリフレッシュさせながら美味しさを味わえる。うれしいね。お酒も止まらなくなるよ。

 昔からの超人気店なので、予約なしでの訪問は無理だと思う。お店のキャパ自体は100人以上あるし、近くには2号店もあるので事前に計画を立てていれば問題なく予約できる。仲間を募っていこう。喜ばれること間違いなしだ。

 ほていさんはその名から察するとおり、オーナーのご親戚がギタリストの布袋寅泰さんだそう。

2016年2月訪問

「ほていさん」について

アクセス :東京メトロ、都営地下鉄 月島駅から徒歩5分くらい
住所   :東京都中央区月島3丁目9−7
営業時間 :18:00~23:15(月~金)、17:00〜22:30(土日祝)
参考HP  :https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13002242/(食べログ)