スナックに泊まってみたい!そんな願望を叶えてくれる宿『GOOD OLD HOTEL』【弘前市】

写真:GOOD OLD HOTEL 宿

 旅先で宿泊先を探すときに、せっかくなら少しでも非日常感を感じたいという気持ちは誰にでもあると思う。そんな需要を反映してか、泊まれる本屋、泊まれる水族館、泊まれる動物園、泊まれる居酒屋等、全国にはいろいろなタイプの宿がたくさん。ノーチェックの方ならびっくりするくらいある。そんな泊れる〇〇の中で、青森県弘前市には〝泊まれるスナック 〟があった。正確にはスナック風の内装のホテルに泊まれるということなのだが、そのホテルが『GOOD OLD HOTEL(グッドオールドホテル)』だ。とにかくパッと見たときの雰囲気が良かった。

写真:GOOD OLD HOTEL

 2020年7月に開業したばかりのこのホテル。弘前の繁華街・鍛冶町にある。弘前の夜の街を楽しみたいときにはアクセスが抜群に良い。とある不動産会社がスナックのテナントが入っていたビルを買い取った際、看板などがそのまま残っていていい感じだったので、これを活かしてリノベーションし、ホテルとして開業したそう。

写真:GOOD OLD HOTEL

当時の面影をそのまま残したホテル 

 ビルの1階は普通の酒場やスナックが入っている。2階に上り、ロビーを抜けた後の廊下の様子がこれ。

写真:GOOD OLD HOTEL
写真:GOOD OLD HOTEL

 完全にスナックビルの雰囲気だ。スナックが並ぶ廊下にしてはちょっと綺麗すぎる気もするが、それは宿泊施設なので当然だね。仕方がない。店の看板やドアが営業当時のまま残されている。

写真:GOOD OLD HOTEL

 ドアに組合員章や届け出証等のステッカーが当時のまま残されてるのがポイント高いね。

写真:GOOD OLD HOTEL
写真:GOOD OLD HOTEL

 飲料やコインランドリーもあってとても助かった。洗剤は無かったけど、近所のコンビニで買えた。共用の休憩スペースやカウンターもあったので、ここで一緒に泊った友人たちや他の宿泊客とコミュニケーションを取ることもあるだろう。

綺麗に整えられた部屋

 私は営業当時の棚が残されていて一番人気だという「ターゲット」という部屋に宿泊した。

写真:GOOD OLD HOTEL

 昨年夏に開業したばかりなので綺麗だ。泊れるスナックという触れ込みでこのブログを書いているけど、部屋の中は基本的には簡素に設備と最低限必要なアメニティが置いてあるくらいだ。

写真:GOOD OLD HOTEL

 ベッドのマットレスはフカフカで良かった。

写真:GOOD OLD HOTEL

 シャワー、風呂はユニットバス。綺麗だったけど、利用前から排水溝に水が流れ出ていかないくらいの髪の毛が詰まってて笑っちゃった。

 他の部屋も内装のコンセプトがそれぞれ異なっていて、一度宿泊したからといって飽きないようにされているらしい。確かにほかの部屋もどうなっているか気になるね。他の部屋の様子は公式サイトで確認できるよ。

 宿泊料金は部屋の大きさによって異なる。2人部屋から6人で泊まれる部屋まである。予約からチェックアウトまで完全非対面式で、事前にメールで連絡された暗証番号を入力して、2階のホテルロビーや宿泊部屋に入る。本当にホテルのスタッフらしき人には誰にも合わなかった。不思議な感覚だったけど、これも新しい宿泊の形だね。ちょっとラブなホテルっぽいなと思った。

 いろいろな感想はあったけど、弘前で思い出に残るホテルに泊まりたいなと思っている人には勧められるホテルだった。興味がおぼえたなら是非どうぞ。

写真:GOOD OLD HOTEL

 GOOD OLD HOTELのすぐ隣には、現役のスナックが入居しまくったビルがある。ここで遊んで、ホテルで余韻を楽しむのもいいだろう。

写真:GOOD OLD HOTEL

 ぴちぴち、気になったけど高くて諦めてしまった。(一泊16,500円)

 余談だけど夕食は繁華街の鍛冶町から15分ほど歩いた場所にある、豊盃という弘前の地酒にこだわりまくっている居酒屋 土紋で津軽名物を楽しみまくった。個人的にとてもおすすめの店だ。美味しかった~。

写真:土紋 ソーセージ
石川さん家のスモークウインナー
写真:土紋 いがめんち
いがめんち
写真:土紋 たこのガーリック炒め
めちゃウマのたこのガーリック炒め

 弘前城の周りのお堀が、桜の木と水面に積もった雪を桜色に照らされていてとっても綺麗だった。酔い覚ましの散歩に最適だ。

弘前城

 弘前城の桜は「5000本の桜」を売り物にしていたが、実際に数えてみたら半分しかなかったらしい。でもステキだね。

2021年2月訪問

「GOOD OLD HOTEL」について

アクセス :弘南鉄道 中央弘前駅から徒歩5分くらい

      ※駐車場はないので車は近所のパーキングに止める必要あり
住所   :青森県弘前市大字新鍛冶町80-2
参考サイト:https://goodoldhotel.com/