新宿で〝いい居酒屋〟を教えてと言われたらこの店で間違いないです『のだぴん』【新宿】

写真:のだぴん グルメ

 「どこか良い居酒屋とか教えてくださいよ~。」なんて聞かれたときに、胸を張っておすすめできる店をスッと言えるとかっこいいよね。オトナって感じ。私もそんなナイスミドルになりたいな。東京の大都会、新宿はお店が多くて楽しいのだけど、あらゆるタイプのお店が無数にありすぎて、自分にとって「これだ」という店を見つけるのが難しい。そんな居酒屋ジャングル、新宿でみんなにもぜひ行って見てほしいお気に入りのお店が三軒くらいある。その中の一軒が歌舞伎町の少し奥、西武新宿駅の近くにある『のだぴん』。

 ここほんま〝ええ店〟や。 何がそう思わせるのか、自分の語彙では具体的に言い表せないけれど、店内はまるで地元の居酒屋のようなアットホーム感。とても落ち着く。歌舞伎町にいることなんて忘れてしまう。ボリューム満点の絶品料理を、手ごろな値段で楽しませてくれる店だ。ぼったくりの呼び込みなんかについていくな!歌舞伎町で迷ったらとりあえずのだぴんに行け!

とりあえず刺し盛りを頼んでくれ

写真:のだぴん
写真:のだぴん

 まず見てほしいのが、 刺身盛りの名物『のだぴん海鮮盛り』。贅沢感満載なのに、これで一人1,380円(画像は二人前)。普段店で食べているお刺身よりも、味や食感で魚それぞれの個性を感じられた。分厚いからかな。身が分厚いのに、旨味が増されているので口の中が強制的に幸せになってしまう。見た目もデカい鉢に氷を敷き詰められて、その上に刺身が盛られている。この様子を見てテンションが上がらないわけがない。季節によって刺身のラインナップが変わるのも嬉しいね。

あとほうとうウニパスタも頼んでくれ

写真:ほうとうウニパスタ

 ほうとうウニパスタは「ほうとうってパスタになれるんや!」と思い知らされた。安いウニにありがちなエグみは一切ない。 濃厚な練りウニと生ウニのソースが絡みついた、モチモチ食感のほうとうは美味すぎて頭を抱えてしまった。これだけでお店やっていけるで。

写真:のだぴん
写真:のだぴん

 一品料理もどれもマジウマだ。一瞬で出てくる寿司屋の玉子焼きはデカくて美味い。乾杯の直後に、一通り食べ終わったあとのデザートに、どっちでもイケる。そして椎茸のタタキを食べたとき、店主は天才発明家かと思った。マジでAppleとかに入社したほうがいい。刺身やほうとうパスタもそうだが、のだぴんの料理は一見シンプルそうに見えて、かなりの工夫とひと手間をかけている。それは食べるとわかる。

写真:のだぴん
写真:のだぴん

 他にも専門店を超えてるレベルで美味いらしい鶏の唐揚げやお寿司もある。これだけで店が出せるよってくらい美味い。お寿司はいろんな種類があって、まだ全然食べられていないから、他の寿司にも挑戦したい。豊富な馬肉メニューも気になる。というか何回でも通って全メニュー制覇したいと思う店だ。

写真:自家製ジンジャーエール

 お酒の種類も豊富。どの日本酒も海鮮料理にとても合う。日本酒だけでなく自家製ジンジャーハイボール(ジンジャーエール)は飲んでおいた方がいいよ。スッキリしていて何杯でも飲める美味しさ。

 カウンターで一人で飲むのもよし、親しい友人や大切な人と気楽な飲み会に使うのもよし、使い勝手が良すぎて本当にありがたい店だ。平日も満席になることが多いから絶対に予約をしていくべき。

2017年9月初訪問

「のだぴん」について

アクセス :JR新宿駅から徒歩7分
      西武新宿駅から徒歩1分
住所   :東京都新宿区歌舞伎町2-45-7 石井ビル3F

営業時間 :17:00~24:00(月曜休)
公式HP   :https://www.nodapin.com/